【BOATRACE】芦屋レディースオールスター "委員会推薦組"が連日の高配当提供

(C)BOATRACE

 芦屋でのG2第5回レディースオールスター(2月23日〜28日開催)は2日目が終了した。地元の小野生奈(福岡)が2・2・1着で予選首位に浮上。守屋美穂(岡山)が3・2・1着で予選2位につけている。


 そして予選3位に上がってきたのが廣中智紗衣(東京)【冒頭の写真】だ。2日目5Rで4コースからまくりを決め、3連単2万円台の高配当を提供。ここまで2・1着の活躍を見せている。

 廣中はレディースオールスターに過去4回出場して準優出2回、優出1回という成績。昨年の鳴門大会で優出4着に入る活躍を見せたのが記憶に新しい。今年はファン投票での選出こそ逃したが、委員会推薦で選ばれて出場権を獲得。5年連続出場の皆勤賞継続となった。

 今回委員会推薦で出場しているのは岩崎芳美【写真下】、廣中智紗衣、来田衣織の3人だ。初日9Rで岩崎が2コースまくりを決めて3連単1万5420円を出すと、2日目5Rで廣中が前記のように3連単2万4390円と連日高配当を提供。今節ここまで3連単万舟券は6本出現しているが、そのうち2本は"委員会推薦組"が出したことになる。

(C)BOATRACE

 レディースオールスター過去4大会を振り返ると、委員会推薦で選ばれた選手は11人いる。

・2017年 水口  由紀※斡旋辞退
・2017年 角  ひとみ 予選14位、準優3着
・2018年 水口  由紀 予選10位、準優4着
・2018年 堀之内紀代子※斡旋取消
・2018年 谷川  里江 予選20位
・2019年 香川  素子 予選24位
・2019年 岩崎  芳美 予選13位、準優4着
・2019年 土屋 実沙希 予選 9位、準優転覆
・2020年 勝浦  真帆 予選21位
・2020年 加藤   綾 予選46位
・2020年 渡邉  優美 予選38位

 11人のうち2人は欠場しており、出場したのは9人。優出者こそまだいないが、準優出4人と上々の結果を残している。

 廣中が委員会推薦初の優出を果たすのか注目したいところ。また岩崎は1・5着で予選21位、来田は4・4着で予選37位とやや苦しい位置だが、まだ予選は2日間残っており挽回のチャンスは十分だ。ちなみに岩崎は2019年児島大会のときに委員会推薦で出場して準優出した実績を持つ。

 SGボートレースオールスターでは2016年に平本真之、2020年に篠崎仁志が委員会推薦で出場して優勝を飾っている。レディースオールスターでも委員会推薦から頂点に立つ選手が現れるのか。

人気女子レーサーが集結する芦屋G2レディースオールスターはレディースインフォメーションにて全レース配信中。レース映像のほかにも、女子レーサーのプライベート情報なども記載した女子レーサー名鑑や女子レーサー関連のYouTube動画などコンテンツ盛りだくさん。また、G2レディースオールスター期間中は、アスリートから人気声優まで豪華ゲストがYouTubeスペシャルLIVEでもレースを盛り上げている。

引用元記事

船活OLが厳選!
実際に使える競艇予想サイトランキングはコチラ